旅行

「フェアフィールドバイマリオットソウル」の紹介です。海外のホテルを今紹介するのは意味がないので国内を中心に紹介していますが、日本より1〜2年早く「フェアフィールドバイマリオット」をオープンさせたのがソウルなので、比較の意味も込めて紹介します。宿泊に特化した、マリオットの格安ブランドですが、最低限のクオリティは健在です。

シーシャ

宇都宮のシーシャカフェ・シーシャバーの紹介です。「餃子」のイメージが強い宇都宮ですが、シーシャを扱うお店も2店舗発見できたので早速紹介します。東京・大阪・札幌のような大都市以外でシーシャカフェを発見するのはなかなか困難ですが、日本中・世界中にシーシャ文化を広めたいと思っているので、今後も日本各地のシーシャを紹介します。

旅行

「Go to トラベル」を有効に生かすために「STAYNAVI」の使い方について紹介します。旅行代理店(オンライン含む)を通さずホテルの公式サイトから予約を入れた宿泊は「STAYNAVI」に登録しないとGoToの対象にならないので、手続きをする必要があります。スマホでもPCでも簡単にできますのでやり方を紹介します。

旅行

先月に続き「ウエスティン仙台」に滞在してきたのでもう一度紹介します。都内のマリオット系のようにプラチナ会員の増加でカオスになっていることもなく快適に過ごすことができました。今回はプレミアというビューバス構造、スイート以外では最上位の部屋ですので部屋についてと、前回紹介できなかったラウンジの代替サービスも紹介します。

旅行

「フェアフィールドバイマリオット栃木宇都宮」の宿泊記になります。「道の駅プロジェクト」として積水ハウスとマリオットが提携して日本中の道の駅にホテルを建てる計画で、最も早い時期にオープンした一つが宇都宮になります。簡素な宿泊施設でリーズナブルという「外資系=高級」のイメージを壊すホテルですが、快適に滞在できるホテルです。

旅行

海外旅行をブログでお勧めする時期ではありませんが、マリオット系の紹介に少々飽きてしまったので、私が世界の高級ホテルを泊まり歩いた中で最高のホテルの一つであると認める「パークハイアットドバイ」を紹介します。ドバイなのに高層ビルと無縁のヨットハーバーに隣接したホテルで、ギリシャのリゾートに来た気分でのんびりくつろげます。

旅行

西新宿の高層ビル街、いや今でも都内で最高レベルの高級ホテル「パークハイアット東京」の紹介です。オープンから25年以上経過しても古さを感じさせない高級感のある内装、朝食のクオリティ、フィットネスクラブなど今も都内で最高水準のサービスを提供するホテルです。またアフタヌーンティが絶品でぜひ一度行ってみることをオススメします。

旅行

「グランドハイアット東京」の紹介です。六本木ヒルズに隣接したホテルで、都市型のリゾートホテルと言っても良いくらいレストランやフィットネスなどが充実しています。客室やラウンジも2003年の建築とは思えない現代風の作りでスイート・一般の客室に関係なくバスルームが特に広く、居心地の良い空間に仕上がっている点が特徴です。

シーシャ 趣味

今日は自宅でシーシャをやるために必要な器具と、器具やフレーバーを販売してくれる都内のシーシャカフェについて紹介します。コロナの影響で多くのシーシャカフェが営業を自粛した辺りから「巣ごもり消費」の一環として自宅でシーシャをやる人が増えてきましたが、自宅でできるようになると趣味の幅が広がるのでおすすめです。

お金 ビジネス 旅行

「グランドニッコー淡路(元ウエスティン淡路)」の紹介です。現在はマリオットから脱退してしまいニッコーホテルズに加盟しましたが、ウエスティン時代から三宮からのアクセスも簡単でコスパが案外良いホテルとして重宝していました。現在もウエスティン時代とほとんど変わらない、ワーケーションにも活用できるリゾートですので紹介します。