六本木の会員制ラウンジ、バッカスの求人情報を紹介!

六本木のキャバクラ・ラウンジの求人紹介

ラウンジビップトップ画像
 今回は六本木の会員制ラウンジ、バッカス(Bacchus)を紹介させていただきます!

 本日紹介する六本木の会員制ラウンジ、バッカス(Bacchus)は、六本木に2019年7月にオープンしたばかりの最新の会員制ラウンジです。

 以前はクラブのリヤンがあった場所にオープンした新しい会員制ラウンジで、アンティークの家具などを用いたカフェのような内装が特徴的なラウンジで、比較的ゆるめな雰囲気で働けるのが魅力です。

 今後六本木で知名度のある会員制ラウンジの一つになっていく可能性の高い六本木バッカス(bacchus)の項目をまずはどうぞ!

勤務形態 週2日〜
給与 時給3000円〜
バック 本指名 小計10%(バッカスの新規客の場合小計15%)
場内指名 2000円 (延長30分 500円)
同伴バック 小計15%
日払い 翌出勤日に時給分全額の日払い
終電あがり 可能
営業時間 20:00〜Last(日曜祝日休み)
送り あります(1000円〜)
雑費 所得税
キャストの傾向 清楚美人系、綺麗系、スレンダー系、ハーフ系
身分証明書 免許証、パスポート、本籍記載の住民票(上記がない場合は、顔写真付き身分証のほかに年齢を証明できるもの)

六本木の会員制ラウンジ、バッカスはどんなお店?

 六本木駅から徒歩3分くらい、芋洗坂方面の閑静なエリアにあります。近くにはクラブパシャやリムジンダイニング、同じく新店の六本木グルーヴなど比較的落ち着いた雰囲気のお店が多いエリアです。
 
 次に六本木バッカスの内装は、
六本木バッカスの店内画像

 アンティークな家具などを用いたおしゃれなカフェのような内装なのが特徴です。

 黒をベースに用いて過度に個性を強調する傾向のあるラウンジとは違い、カフェに近い空間をイメージしてデザインされた内装は落ち着きがあります。

六本木の会員制ラウンジ、バッカスの店内画像

 ラウンジでもなければキャバクラでもない、おしゃれな夜カフェのような雰囲気があります。

 会員制ラウンジの内装はどこも二つと似たお店がない個性的なものになることが多いですが、バッカスもカフェっぽい内装のラウンジという非常に珍しいタイプのラウンジです。

 六本木という都会のど真ん中にひっそりと出現した「大人の隠れ家」のようなお店で、お客様がくつろげる空間になっています。

 そして、六本木ラウンジ、バッカスの待遇のほうは、

六本木バッカスのお給料や出勤はどんな感じ?

 給与体系の紹介を。

時給制で3000円〜となります。(面接次第)。
 とは言え面接次第で最初から4000円5000円の高額の時給も可能です!

 会員制ラウンジの場合はルックスやスタイルなどのレベルが高いと認められればお客様がいなくても最初から4000円、5000円という高額の時給がふつうに出ます(面接しだい)。

 また特徴としてはバックも充実していまして、

  • 本指名 小計10%(バッカスの新規客の場合小計15%)
  • 場内指名 2000円 (延長30分 500円)
  • 同伴バック 小計15%

 と他の六本木のラウンジや西麻布・恵比寿の会員制ラウンジと比較しても十分対抗できる高率のバック率です。お客様を呼べるようになるとかなり稼げます。

また他のラウンジとは違う独自のシステムとして、

ラウンジでは珍しくドリンクバックがあります。

 「ドリンクバック=500円(ノンアルコールは300円)」と聞くと「たったそれだけ?」と思いがちです。

 しかしテーブルにつく度に500円加算されると考えたらどうなるでしょうか?

 例えば1時間に2つのテーブルについた場合ドリンクバックは最低でも1000円になります。

 つまり時給が1000円上がるのと一緒です。

 会員制ラウンジはその営業形態から何もなしに高い時給を出せるのは座っているだけで華があるような一部のハイレベルの女性に限られてしまいます。

 ですので会員制ラウンジでは珍しいドリンクバックを支給することで実質時給アップと同じようになるバッカスのようなシステムは貴重です。

 バックが支給されることで六本木のキャバクラと同等の待遇も期待できます。

 しかもノルマ・ペナルティ無しで出勤も週1日週2日から可能のラウンジらしいゆるいシステムです。

 更にラウンジやキャバクラでは非常に珍しい終電あがりも可能です。

 そんなメリットもあるので、六本木は初めて、ナイトワークは初めてという女性も安心して働けるとも言えます。

 また送りが充実しているのも特徴で23区内であれば格安の1000円から送ってくれますし、2000円〜で23区外の遠方にも行きます。

 六本木バッカスは送り代は格安、ラウンジなのでヘアメイクもなしと引かれものが少ないのも魅力です。

 採用基準は高いですが、入店できれば、充実した環境で働けます。今ならオープニングで変なしがらみもなく自由に働けます。

 ぜひ、六本木バッカスに面接、体験入店してみてはいかがでしょうか?

また、バッカスのみならず、 例)○エリアで週○○で時給は○○欲しいなど希望を言っていただければピックアップしますし、質問だけでもOKです!
画面下のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

六本木バッカス(bacchus)が好むタイプ

 清楚美人系や綺麗系、女子アナ系と比較的オールジャンルの女性が好まれます。

 六本木で人気のスレンダーな長身タイプ、ラウンジで人気のハーフ系の女性ももちろん大歓迎です。

 現在新規オープンで面接希望の女性が殺到していることから考えると多少派手めの服装やお化粧もしっかり仕上げられるタイプが最も歓迎されることでしょう。

 結局はある程度自分を飾ることができる女性が強いのは銀座のクラブだろうと六本木の会員制ラウンジだろうと一緒です。

 面接に行く際の私服や面接時に大事にしなくてはいけないことなど、画面下のお問い合わせフォームからLINEまたはメールでお気軽にご相談いただけたらと思います。

この記事も参考にしてください、面接に行く際の心構えや服装、メイクなどについて書いています。
銀座クラブや会員制ラウンジに受かりやすい女性ってどんな感じ?

バッカスの採用基準の難易度は?

 採用基準の高さは? 

それなりに高いです! 落ち着いたタイプであり、かつハイレベルであることが求められますが様々なタイプの女性が歓迎されます。

 とはいえキャバクラではなくラウンジですから極端に派手なタイプ、ギャル系は歓迎されません。

 面接へ行く時も落ち着いた服装やメイクを心がけましょう。

どこのお店とあわせて面接にいく?
 

 会員制ラウンジですと、同じ六本木にあるキングスマンや2019年にオープンしたばかりの新店グルーヴや同じビルにある私服キャバクラのリムジンダイニング、場所を変えると西麻布カラン銀座ルーチェ、2019年4月にオープンしたばかりの銀座フジコなども同時に面接に行くことをおすすめします。

 またバッカスの箱が元クラブだったのもあり、落ち着いた雰囲気のクラブとも同時に面接に行くことが多く、六本木パシャミスユー銀座ボレロなどと同時に面接に行くことも多いです。

 比較的求めるタイプが似ており、採用基準も同じくらい高いです。

六本木の会員制ラウンジ、バッカス(bacchus)のロケーション

六本木交差点から徒歩2〜3分、芋洗坂方面にあります。大きな通り(外苑東通り)から一本入った閑静なエリアにあります。

住所:東京都港区六本木5-3-2 斉藤ビル3階

六本木のラウンジ、バッカス(BACCHUS)の要点まとめ

[令和元年オープンの新ラウンジ][バック充実][時給出やすい][終電上がり可能][送り遠方もOK]

勤務形態 週2日〜
給与 時給3000円〜
バック 本指名 小計10%(バッカスの新規客の場合小計15%)
場内指名 2000円 (延長30分 500円)
同伴バック 小計15%
日払い 翌出勤日に時給分全額の日払い
終電あがり 可能
営業時間 20:00〜Last(日曜祝日休み)
送り あります(1000円〜)
雑費 所得税
キャストの傾向 清楚美人系、綺麗系、スレンダー系、ハーフ系
身分証明書 免許証、パスポート、本籍記載の住民票(上記がない場合は、顔写真付き身分証のほかに年齢を証明できるもの)

六本木バッカスの面接や体験入店の相談はこちらへ

お問い合わせだけでも大丈夫です。お気軽にお問い合わせください。また、LINEに登録していただきますと、最新のお店情報、今採用を強化している銀座のクラブや会員制ラウンジなどのお得情報をタイムラインから無料でみれます!

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら