【入店できない?】ナイトワークで必須の身分証明書と素早い取得法

ナイトワークで成功するコツ 銀座クラブの求人紹介

写真付き身分証明書は絶対に必須?

キャバクラ・ラウンジ・クラブを問わずナイトワークの面接に必ず持って行かなければならないのが、顔写真付きの身分証明書です。

ナイトワークではどの業種でも18才未満は絶対に働いてはいけないと法律で厳しく決められています。

18才未満を雇ってしまうとお店が罰せられてしまうため、お店の採用担当者は18才未満を絶対に採用しないように身分証をしっかりと確認します。

たまに保険証を持ってくる女性がいらっしゃるのですが、保険証には顔写真がついていないのでこの保険証を持っているのが本人であるという証明ができません。それもあって保険証のみの場合だと体験入店まではOKでもいざ本入店となると写真付きの身分証明書がないとダメという姿勢のお店がほとんどです。

そんな理由があるので写真付きの身分証明書がないとせっかく面接を通っても体験入店できない、体入で採用が出ても入店できないということが現実に起きています。

銀座クラブの採用を祈る女性

昔はもっと規制がゆるかったので写真が付いていない保険証などでもOKだったのですが、近年はほぼNGなのが現状です。

ただし体験入店に関しては保険証のみでOKというお店が今でも大多数です。体験入店の場合まだ入店してお店に所属しているわけではないので保険証などでもOKが出やすいです。

 実はこれにはナイトワークのお店を縛る風営法という法律の絡みがあって、在籍して出勤している場合は「従業員名簿」というものを作成して、警察などが見せてと言った時には常に見せられるような状態でお店に保管する必要があります。

 この「従業員名簿」に載るのは入店して在籍している女性のみですので、従業員名簿に載るかどうかもわからない状態の体験入店の場合は身分証のチェックが緩いのが現実です。

 ただしそれは体験入店でOKというだけですので、採用が出て入店する際には写真付きの身分証明書が絶対必要になりますのですぐ入店して働きたい場合は面接や体験入店と並行して写真付きの身分証明書を発行してもらえるように準備すべきだと言えます。

「面接に持って行く身分証はこれで大丈夫なのかな?」と疑問がある人は本日の記事を読んで確認しておきましょう。

事前に確認しなかったために後々余計に面倒くさくなってしまう場合もありますので前もって確認しておき、スムーズに面接を終えましょう。

どんな身分証明書ならOKなのか?

身分証明書のイメージ
キャバクラ、クラブ、ラウンジを問わずナイトワークの採用面接では、以下の記載事項が全て揃っている身分証が要求されます。

  • 顔写真→身分証が本人のものなのか確認をするため
  • 住所→きちんとした住所があるかを確認するため
  • 生年月日→年齢を確認するため

これらが確認できる身分証であればOKです。

ではどんな身分証であればOKなのか、具体的に見ていきましょう。

学生証や社員証

 学生証と社員証を一緒にしたのは理由があって、どちらも「公的」な身分証明書ではないという点です。学生証であれば大学、社員証であれば会社、つまり市役所や区役所、国などの公的な機関が発行したものではありません。

 ですので写真付きであってもこれだけで信用を得ることはできません(身分を証明するという行為は国や市役所などの公的な機関だけができる)。

大学や専門学校の身分証の場合は特に注意で、確実に18才以上ということを証明(学生証の他に保険証や住民票などを付け加えるなど)できないとNGです。

また学生証もたとえ18才以上になっていてもナイトワークの世界で高校の学生証はNGです。写真がない学生証も有効ではありませんので気をつけましょう。

学生証以外の身分証もあれば、念のためいくつか持って行くと無難です。

運転免許証

運転免許証のイメージ
次に運転免許証は一番確実で信用性の高い身分証明書です。ナイトワーク以外でもどこへ手続きに行っても通じる万能な身分証明書です。

昔ですと男女問わず大半が高校卒業時や大学在学時などに取得していたのですが、近年は「若者の車離れ」と言われるくらい車に乗らない若者が増えているので所持していない人が非常に多いです。

そうなるとナイトワークで働くためにわざわざ多額の費用を払って教習所に通って、時間をかけて免許を取るのは現実的ではありません。

実は車ではなく原付の免許であれば実技試験がなくペーパーテストだけで取得できるので「最短1日で取得できるよ!」とおすすめする業者もありますが、そもそも原付のペーパーテストに合格するためには自動車の免許同様に交通規則を覚える必要があります。

試験自体は1日で終わるとはいっても、それまでに勉強する期間が必要になるのでやはり車に興味がない人にはオススメしにくいです。

またすでに免許証を持っている人でも、引越しなどをして住所が変わった場合は身分証明書の住所変更手続きをしっかりしておきましょう。

パスポート

そしてパスポートも、免許証の次に確実に身分を証明することができます。現住所が書いていないのが欠点ですがそれ以外はほぼ万能です。現住所については保険証で補えば十分ですし、お店によっては自分のところに届いた郵便物(住所と宛名が書いてあるから)や電気ガスなどの公共料金の領収書でもOKなお店がほとんどです。

海外旅行のイメージ

パスポートは期限が切れていても基本的に大丈夫ですが、あまりにも古いものだとNGとされることが多いので、有効期限を確認しておきましょう。

マイナンバーカード

またマイナンバー制度が始まって以降、キャバクラの面接や体験入店、本入店の際にも写真付きのマイナンバーカードを身分証明証として用いることが可能になりました。マイナンバーカード自体が国という公的機関が発行している上に写真付きであることが幸いして身分証明書としてお手軽に使える便利な道具となっています。

マイナンバーカードと似ているものに、顔写真がついていない「マイナンバー通知カード」というものがありますが、こちらは面接では身分証として無効なので、間違いのないように気をつけましょう。

身分証として有効なのは「顔写真つきのマイナンバーカード」です。

という話をすると「マイナンバーがバレると昼職の会社にバレる」と思ってしまう人もいるでしょうが今日のお話は「身分証明書」に限った話です。

身分証明書として提出されたマイナンバーカードを本人の同意なしにお店が勝手に納税に使うことはできませんので安心してください。

マイナンバーと身バレの問題については以前書いた記事がありますので参考にしていただければと思います。
【女子大生必見!】扶養から外れると親にナイトワークがバレちゃう?
【マイナンバーの影響は?】銀座クラブのお仕事がバレるのか?

急いで写真付きの身分証明書を取得する方法は?

銀座クラブの求人を探す女性
 さて入店が決まったもののその時点で免許証やパスポート、マイナンバーカードなどがなかった場合にはせっかく採用が出ているのに公的な身分証明書が発行されるまで入店はお預けになります。

 すぐに働きたい場合は困ったことになります。

 そこで次に「急いで身分証明書が欲しい時にはどこへ行けば1日も早く発行してもらえるのか?」について説明します。

最速はパスポート

飛行機に乗るイメージ
実はパスポートの取得が一番最短の時間でできます。

土日祝を抜いて「6日間」で取得できますので1週間ちょっとあれば問題なく取得できます。先ほど説明した原付免許のような試験もないので誰でも申請さえすれば簡単に取れます。

デメリットは「取得費用が高い」ことです。10年有効のパスポートで16000円、5年有効のものでも10000円かかりますのでマイナンバーカードなどと比べると費用がかかります。

とはいえ見方を変えると、銀座の高級クラブで採用が出た場合いきなり30000円位の日給がもらえるようになる世界です。

最短の時間で取得できるパスポートがあれば採用からほとんどタイムラグなしに働けますのでパスポートの取得費用なんて一瞬で取り返せます。

ですので当社では身分証明書をお持ちでない女性にはパスポートの取得をオススメしています。

今は海外旅行に興味がなくてもいずれ銀座のホステスとして成功したら海外旅行に行ってみたいと思うかもしれませんので取得しておいて全く損はないです。

バカンスでくつろぐホステス

マイナンバーカードは時間がかかる

 先ほどはマイナンバーカードが最近は身分証明書としてナイトワークでもよく使われていると言いましたが、一つだけ欠点があります。

 それが「発行までの日数がかかる(だいたい1ヶ月くらい)」という点です。

 マイナンバーカードはたとえ申請するのが自分の住んでいる市区町村だったとしても書類が一旦国に行きますのでそのやりとりに時間がかかります。マイナンバーカードが発行されたという通知書がご自宅に届くまでだいたい1ヶ月くらいかかってしまうのが現実ですので取得できるスピードはかなり遅い方になります。

 原付免許の1日、パスポートの1週間と比べるとかなり待たされてしまう印象です。ただし取得費用は500円と非常に安いので時間がかかっても安く身分証明書を作りたいのであればマイナンバーカードが一番おすすめできます。

取得している時間がない時はどうする?

身分証明書がなくて困る女性のイメージ

どこでも通用する身分証明書である免許証、パスポート、マイナンバーカードのいずれも持っていない人も中にはいるかと思います。

またせっかく銀座の高級クラブで採用をもらったのに身分証明書が用意できないから入店が流れそうなどという理由で取得している時間がないということもあります。

このように身分証が用意できない場合は、以下のものを全て揃えることで代用することができます。

  • 卒アル
  • 住民票
  • 保険証

この3点を全て用意して持って行けば、免許証などがなくてもほぼ同等の証明になります。最悪の場合でもとりあえずの証明にはなりますので、提出して入店して働きながらパスポートやマイナンバーカードなどを取得するということも可能な場合が多いです。

ちなみに卒業アルバムは、高校卒業時のものがあればベストですが、高校に通っていない人は、中学校の卒業証明証でも有効な場合があります。

目的が生年月日や年齢のチェックですから何年に高校を卒業した、中学を卒業したというところから現時点の年齢を計算できますのでほとんどの場合は問題ありません。

銀座クラブについての相談・ご質問はこちらへ

出勤前のホステスのイメージ
 今回は銀座の高級クラブのみならずナイトワーク全般で必要とされる身分証明書について説明してきました。

 一昔前であれば「お姉ちゃんの保険証」などを面接に持っていけば高校生でも18歳以上のフリをして働けた時期もありましたが近年では警察の指導も厳しくなり、年齢チェックが厳格になったのもあり本人であることがはっきりわかる写真付きの身分証明書の提示が入店の際には必須になりました。

 パスポートや運転免許証はどこへ行っても通用する最強の身分証明書だと言えますが、タイミングが悪く「若者の車離れ」とか「若者の海外旅行離れ」と言われる時代になったのもあってパスポートや運転免許証を持っていない女性も増えています。

 そのせいで「面接は受かったのに身分証がないから入店できない」などのケースもたまに発生しているので今回は特集記事を書きました。

 以前から面接に行く際の服装や心構えなどのアドバイスも当社では行っていますが、本日のような身分証明書についてのご相談やアドバイスも常に当社でやっています。お気軽にお問い合わせください。

 また当社の紹介で面接や体験入店がかんたんにできます。LINEまたはメールでお問い合わせするだけでOKです。

 ご希望の場所や条件、これだけはゆずれないなどの条件を言っていただくだけでもOK。ご希望に合う店舗をお探しいたします。

 また、LINEに友達登録していただきますと、イチオシの銀座のクラブや六本木のクラブ、会員制ラウンジ、キャバクラ情報。2019年最新の情報をタイムラインから無料でみれます! 面接と体験入店もスムーズに案内します。

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら