高日給・高時給Premium Lounge公式

ナイトワークに向いてないと思う自分を変える方法ってあるの?

ナイトワークで成功するコツ

ナイトワークに向いている人は存在しない?

ナイトワークで働いている方も、これから働こうかと迷っている方も、自分がナイトワークには向いていないと自信を無くしてしまうことがあるかと思います。

実は初心者だけではなく現役で長年働いている方もナンバーワンの女性でも、向いていないと悩んだことがあるという例が多いです。最初から成功したという苦労知らずの女性はほとんどいないのが現実です。

現在銀座の高級クラブや歌舞伎町の高級キャバクラなどでナンバーワンになったり、ママになって成功している女性でもほとんどの女性がナイトワークで挫折した経験、上手くいかなくて悩んでしまった経験があります。

今回はナイトワークに向いていないと思ってしまった人向けの記事で、ナイトワークを楽しく自信に満ち溢れた仕事に変えていくためのコツをご紹介していきます。

自分を変える対策とは?

銀座クラブのホステスのイメージ
様々なきっかけが原因でナイトワークが向いていないと思ってしまった方でも、少しの工夫や考え方を変えるだけでグッと働きやすくなります。働き始めた当初は向いていないと悩み続けたものの、ナイトワークを天職だと感じることが出来るようになるということも普通にあるのがこの業界の特徴です。

接客が上手くいかない、お客様の反応がイマイチだという場合には必ずその原因があります。まずは自分の接客がお客様にウケない原因を特定することが必要です。

今日は上手くいかない時に当てはまることが多い5つのポイントを指摘して、それぞれについて対策を考えてみます。

先に対策を5つ箇条書きで示しますので、自分に当てはまると思う項目があればそこから読んでいただいてもいいかもしれません。

  • 自分磨きをする
  • 「お客様」という扱いを変える
  • 聞き上手は話し上手
  • 自分の「キャラクター」は七変化させつつ活かす
  • 周りを味方につける

以下の項目ではこの一つ一つのポイントについて具体的にどういうことをすれば良いのかについて説明します。

自分磨きは仕事以外でもプラスに

銀座クラブのホステスのイメージ
結局は「ルックス」が第一印象の自分を決めてしまうことは否定のしようがない事実ですので、まずは「自分磨き」をすること、つまり少しでも自分を可愛く、キレイに見せようという努力をすることは必須になります。

どんなに小さい努力でも自分磨きは必ず報われます。現在外見の良い不動のナンバーワンの女性でも、入店した頃はパッとせずお世辞にも可愛いとは言えなかったというエピソードを耳にすることは多いです。

初心者の頃はたとえ持って生まれたルックスが良かったとしても「垢抜けてない」「芋っぽい」という印象を与えてしまい上手くいかないこともあります。

それは別に美容整形をしようなどという大げさなレベルではありません。

まずは自信のあるプロポーション(スタイル)になることが最優先です。

容姿に自信が持てるようになるには、整形が手っ取り早いと思われがちですが、整形と同じくらいの変化が出せるのが実はダイエットなのです。

好きなデザインのドレスを着て、脚や二の腕を堂々と露出できるだけでも印象は変わります。お肌のお手入れや脱毛、メイクの研究など、自分の美意識を日々高めていくことで自信が付きます。

あとはすぐに改善できることでドレスやヒールがヨレヨレ、または汚れている、髪の毛がプリン状態、ネイルが剥げているというのもNGです。清潔感は基本になります。容姿に自信が付くだけで、不思議なことに自然とお客様への接客の姿勢もレベルが高くなっていくものです。

きちんとした身だしなみを整えることで自然と接客もその身だしなみに合ったものにしようという意識が芽生えてきます。

少しずつ実践してみましょう。

ナイトワークにおいてウケが良いルックスについては以前話した記事がありますので参照していただければと思います。
銀座クラブや会員制ラウンジに受かりやすい女性ってどんな感じ?

「太い」ことが銀座クラブの採用で致命的に不利な理由とは?

トーク術を身につければ日常生活も快適に

銀座クラブで接客するイメージ2
次にお客様とのトークでの悩みですが、人見知りなどで話せないという方は、「お客様」という固定概念を持たず「飲み友達」くらいのフランクな関係へと脳内ですり替えてみるのが良いかもしれません。親しき中にも礼儀ありですので、相手に失礼の無いようにすることは大前提ですが、自分がよそよそしい接し方をすると、相手も距離をとってしまうものです。

距離を縮めるには、初対面でも心や相手との関係性の距離を縮めることがコツです。

銀座の高級クラブなどの場合、お客様の社会的地位が高い場合が多いので気が引けてしまうこともありますが、銀座の高級クラブに飲みに来るような富裕層のお客様はそういうタイプの女性を好みません。堂々と相手の懐に入ってくる度胸のある女性を好みますので気後れしないでどんどんお客様の中に入っていきましょう。

銀座特有の富裕層との接し方についても以前書いた記事がありますので参考にしていただければと思います。
【癖があっても対応可能!】お金持ちのお客様と上手に付き合うコツとは?

「トーク上手=聞き上手」です

シャンパンのイメージ画像
また相手が話しているときに自分の話したいことを発言してしまうのはNGです。わざとらしくない相槌をしっかり打ちながら話を聞く姿勢を見せ、相手の話を引き出しましょう。上の空で聞くのではなく、お客様の話の内容の中から次の会話に繋がるキーワードを常に探します。

実はトークが上手な女性というのは「話すのが上手い」のではなく「聞くのが上手い」という場合の方が多いです。基本的に銀座の高級クラブやキャバクラ、会員制ラウンジなどに飲みにくる男性客は女性に話を聞いて欲しいから来店しているというのがほとんどです。

それなのに相手の話を聞かないで自分の話ばかりしてしまう女性に当たってしまうと「俺の話を聞く気がないのか?」と機嫌を損ねてしまいます。最悪の場合席から外されてしまうこともありますが、これを繰り返しているとお店の女性に対する印象が悪くなり、大事なお客様の席につけてもらえないことが増えて窓際へ追いやられてしまいます。

富裕層のお客様の場合なおさらです。基本的に社会的にステータスのあるお客様の場合「俺はこんな風に頑張って成功したんだ」的な自慢話をするのが大好きです。極端に言えば「気持ちよく話をさせてあげる」だけでも満足してもらえることが多いのですが、失敗する女性の場合そこで自分の意見などを挟んでしまいお客様の気分を害する傾向があります。

そうではなく会話を1本の木に例えると、初めに質問するようなデフォルトの会話からオリジナルの枝をどんどん伸ばしていくことが必要です。

そのためにも日頃からニュースを見たり、いろいろな趣味を持ったりする必要があります。それは別に日本経済や国際関係について語るというような難しいことである必要は必ずしもありません。例えば男性が好むような漫画を読むことだけでも盛り上がるきっかけになったりします。会話に自信がなく、ナイトワークに向いていないと思う方は浅く広い知識作りから初めてみましょう。

また人間は「自分が知っている知識を知らない人に教える」ということが好きなものです。富裕層のお客様は特にそういう傾向があります。

これ知ってる?とお客様が話し始めたことがすでに知っていることでも、知らない、もしくは聞いたことがあるけど詳しく教えてください、と相手の話を引き出してみましょう。

相手に応じたキャラクター設定を

銀座のホステスのイメージ画像
そして相手と会話するにあたって「キャラクター設定」が大切です。付け回しをする人も、お客様の雰囲気を見て合いそうなキャラクターの女の子をチョイスするものですから、いくつかのキャラクターを持ち、臨機応変に変えていくことで幅広い層のお客様に付いたり、指名を貰えるチャンスが増えます。

しっぽりと飲みたい方、愚痴など自分の話を聞いて欲しいというお客様には聞き上手の物腰柔らかいキャラクターで、元気に盛り上がりながら飲みたい方には一緒に騒げるキャラクターで、頼られたい、世話焼き、キャストと親密になりたいという方には悩みごとの多いキャラクターでという風にそのお客様の求めるキャラクター象を判断し、合わせていきましょう。

お客様も十人十色なら好みだって違います。今ナイトワークに向いていないと悩んでいても、あなたと飲みたい、指名したいと思うお客様は必ずいます。自分の色をしっかりと確立していてください。

周囲とのコミュニケーションも重要

銀座クラブで接客するイメージ
2人組以上でお客様が来店した場合、一緒に席に着く他の女性とのコミュニケーションも大切になります。1対1で会話するよりもみんなと一緒に会話がしたいというお客様の場合、キャスト同士が普段から仲の良いほうが全体で盛り上がることが出来ます。例えば2人組の場合、2人のキャストが1人のお客様に話しかけたとします。 このときに相手のキャストとの関係が良くないと、その会話に入りづらいです。自分だけ会話に入れないという状況になってしまうかもしれませんがこれは絶対に避けなければなりません。

特にママや係の女性を中心としてヘルプの女性が複数つく営業スタイルの銀座のクラブの場合、極端に言えばお客様のコミュニケーション以上に周りの女性同士のコミュニケーションが重要になります。キャバクラの経験が長かったりするとこの辺の事情がわからずに接客してしまい周りの女性との関係を悪化させてしまうことがありますので特に注意しましょう。

同時に男性スタッフ、「黒服」とのコミュニケーションも重要です。たまにお客様やママ、係の女性には丁寧に接している女性でもお店の男性スタッフに対しては上から目線で接する女性がいますがこれは絶対にやめましょう。お客様はこういう部分もしっかり見ていることが多いです。

すると「この子、客とかママにはこびるけど店のスタッフには上から目線で、相手によって態度が変わる子だな」という印象を与えてしまいます。こういう裏表のある女性を富裕層のお客様は好まないので気を付けましょう。

富裕層のお客様というのは基本的に自分がチヤホヤされることに慣れていますが、それと同時に「自分(お客様)が貧乏だった頃は相手にしてくれなかったのに、社会的に成功した途端態度が変わって自分に擦り寄ってくるタイプの人間」を嫌います。

ですので男性スタッフや自分と同じヘルプの女性に対して横柄に振る舞うタイプの女性は、仮に話が合う場合でも「裏表のある女性」として次第に遠ざけられるようになります。

自分があまり意識していない部分をお客様が実は見ているということは非常に多いので気を付けましょう。

銀座のクラブの場合、例えばアフターに行った場合などにそういう負の側面が出てしまうこともあります。以前書いた記事がありますので参考にしていただければと思います。
【行かないと負け?】銀座クラブにおけるアフターの重要性

銀座クラブを含めたナイトワーク全般についての相談・ご質問はこちらへ

出勤前のホステスのイメージ
 今日は「ナイトワークで成功するコツ」として自分がどう変われば人気が出るようになるかについて考えてきましたが、ナイトワークが初めから向いていると思う人は滅多にいません。

 第一印象のルックスが印象を大きく左右するため、つい持って生まれたものだけで決まると思ってしまいがちですが、実はルックスだけ良くてもナイトワークで成功することは非常に難しいです。最初の印象が良くても「話してみたらつまらなかった」「接客が全然できてない」と失望されて、お客様が離れて行ってしまいます。

 自分に興味を持ってくれたお客様を話さないためには「接客術」というと大げさですがある程度の技術が必要です。これがないといくらルックスが良くてもナイトワークで成功しません。

 反対に言えばルックスがイマイチだったとしてもお客様の心をつかむ接客ができれば誰でもお客様をつかんで成功することができるのがナイトワークの特徴です。

 料理でも語学でもスポーツでも、新たなことを始めるにあたって、どんなことでも最初から上手く出来るということはありません。ナイトワークの世界をある種の学校と考えてみてはいかがでしょうか?

 毎日毎日お客様を相手に実際に接客してみることで、1日1日の積み重ねが発生して徐々にスキルが身についていきます。

 向いていないからと言ってすぐに辞めてしまう、挑戦しないというのはもったいないです。容姿は自分の自信になりますが、必ずしもそのお店で一番美人な子がナンバーワンとは限りません。生まれ持ったものはそれぞれ差があれど、ナイトワークのプロとしてのスキルは誰だっていくらでも磨くことが出来ますし、「水商売に向いている人」に変身することだって出来ます。

 そんな勉強、下積みを普通のアルバイトより高い時給をもらってさせてもらえるのですからナイトワークには夢があります。

 当社の紹介で面接や体験入店がかんたんにできます。LINEまたはメールでお問い合わせするだけでOKです。

 ご希望の場所や条件、これだけはゆずれないなどの条件を言っていただくだけでもOK。ご希望に合う店舗をお探しいたします。

 また、LINEに友達登録していただきますと、イチオシの銀座のクラブや六本木のクラブ、会員制ラウンジ、キャバクラ情報。2019年最新の情報をタイムラインから無料でみれます! 面接と体験入店もスムーズに案内します。

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら