銀座で働くホステスの体調管理の方法は?

ナイトワークで働く女性の美容と健康 ナイトワークで成功するコツ 銀座クラブの求人紹介

体が資本の銀座クラブのホステス

ホステスの女性が銀座クラブで働いている時間は基本的に深夜帯(だいたい20:00-25:00がメイン)でしかも毎日お酒を飲む仕事だからこそ日々の体調管理は大切です。

夏になるとお店でも冷房の設定も外からくるお客様のためにかなり低くなっているのもあってこの時期、風邪を引きやすくなってきます。

店内の気温は基本的にはスーツを着て来店されるお客様、しかも冷房に女性よりも強い男性を基準に調整しますので、ドレス着用で肌が露出している上に、冷房に弱い女性には少々キツイ環境になります。

銀座の高級クラブのイメージ画像

調子が悪くなってからでは遅いので、特に体調を崩しやすい夏場は普段からの自己管理をが必要になります。

本日は銀座の高級クラブで働くホステス向けの体調管理の方法について考えてみます。

お酒の飲み過ぎをケアするには?

銀座クラブの盛り上がるテーブルのイメージ
銀座のクラブでホステスとして働く場合、仕事中にあえてお酒を減らす必要はありません。特にヘルプとして働く場合はママや係の女性のテーブルで開いたシャンパンやワインなどのボトルを一緒に飲むのが仕事でもありますから飲む必要があります。

ケアするのはお酒の量よりも前後の対策です。

例えばお酒を飲むことが重要な仕事になるのが銀座のクラブの基本中の基本ですから体調に響かない様に、空腹状態でアルコールを入れない様に仕事前に食事を済ませておきましょう。

同伴で何か食べてから出勤というのが実は一番合理的だとも言えます。

空腹時の飲酒はアルコールの吸収が速くなり、肝臓に負担がかかってしまいます。
アルコールの吸収を最低限に抑えるためにチーズやナッツなど良質な資質を含む食事をとれるとベストです。

二日酔い防止のためにウコンなどを事前に飲んでおくのも実は効果があります。

飲酒後も迎え酒などはしないで、水分を多めに摂るようにしましょう。アフターなどで何かを食べることが避けられないこともありますが、帰りにラーメンなどを食べるのは体に負担になりますので避けましょう。

またできる限り水分を摂ることでアルコール濃度を薄めて、肝臓の負担を減らすように調節します。

それ以外にも休みの日は意識的に休刊日にするなどして体調を上手にコントロールしましょう。

睡眠不足も大敵

夜の銀座のイメージ画像
銀座のクラブは早めの時間から同伴などが入る場合が多い上にアフターで遅くまで起きていることが多いため、睡眠時間が不規則になりやすいです。

睡眠不足は大敵ですので自分に合った睡眠サイクルを作りましょう。

銀座の超有名クラブのオーナーママもこんなことを言っています。

 オーナーママを勤める女性でもこのように節制した生活をしているのですから、普通のホステスはそれ以上に自分の体調をしっかりコントロールしないければ明日香ママを超えることは絶対にできないとも言えます。

 どんなお仕事でも自分の体調をしっかり管理することは必須です。

とはいえ人によって、必要な睡眠時間は違うものですので自分に合った睡眠時間を早くつかむことが大事です。

毎回同じ時間にベッドに入る、ストレッチをする、コップ1杯の水を飲んだら眠るなどコレをしたら寝る準備完了というルーティンワークを作ると眠りにつきやすくなります。

またお客様への連絡などはあるにせよ、寝る前に携帯を触らないのも大事です。実はスマホやパソコンの液晶からでるブルーライトは睡眠導入を遅らせてしまいます。なるべく寝る30分~1時間前には携帯に触れないようにしましょう。

また決まった時間に眠れないときは副作用のある睡眠薬を摂るよりもメラトニンというサプリもおススメです。サプリメントなら副作用もありません。

メラトニンには体内時計を調節する作用があり夜になると体内のメラトニンが増えて眠気を感じるようになります。メラトニンは暗い環境でより多く分泌されるので明るい状態で寝たり、寝る前にスマホを触ったりしていると良い睡眠の妨げとなってしまいますので気をつけましょう。

運動で体型維持とストレス解消

フィットネスで鍛えた銀座クラブのホステス

最近はフィットネスブームなのもあって、筋トレをしている女性やジムへ通っている女性も増えてきました。

24時間営業のジムなども以前より増えたのでナイトワークで働く女性も自分の都合に合わせた時間でいつでも運動ができます。

筋トレをすることによるメリットはたくさんありますが、例えば肉体に関する例を挙げると代謝がよくなるというメリットがあります。

筋トレをすることで筋肉量が増えると基礎代謝が上がることによって、痩せやすい体になり風邪も引きにくくなります。また、筋トレすることによって成長ホルモンやコラーゲンが生成され、綺麗な肌を保てたり、アンチエイジングにも繋がります。

継続的なトレーニングによって体内のテストステロン量を多く保てますし、そのテストステロンは日々の判断力や決断力など活力UPにもつながります。

筋トレを始めた際は疲れますし、筋肉痛もあって続けるのが大変ですが、一度習慣化してしまえば見た目は若返るし、スタイルもよくなるし、今までと同じ活動量をこなしても疲れにくくなるのでメリットばかりです。

また肉体だけではなく精神面への影響も大きく、ジムに通うことでストレス解消にもつながります。

アフターのない日などは深夜にジムに通えば(もちろん運動ができない位酔ってはいないことが前提ですが)、ストレスも解消されますし、疲れるので家に帰るとすぐ寝れるというメリットもあります。

ストレス解消という意味では先日ご紹介したシーシャカフェなども有効ですので参考にしていただければと思います。
若者に人気!東京周辺の有名シーシャカフェ を5つご紹介!

ちなみに銀座ではママクラスの女性になると年齢層が大半のホステスよりも上ですが、自分の体型を維持するためにジムに通っている女性は非常に多いです。

アフターは上手にこなす

銀座クラブのアフターのイメージ画像
アフターは銀座のクラブでは次回以降の同伴にもつながりますし、ママや係の女性とのお付き合い(人間関係)を考えても大事な仕事の1つです。

とはいえ無理をしすぎて体調を崩してしまっても意味がありません。

アフターに行くなら、明日用事があるから何時までなら付き合える、などと終わりの時間を決めておくことが大切です。

体調の悪い日などは無理をせず次回何曜日であればアフターに付き合えるとママや係の女性、お客様に相談することも重要です。

アフターで行くお店のイメージ画像

とはいえ銀座のクラブの場合、アフターに行くのが決まっていれば24時で上げてくれることも多いですし、基本的に年齢層が高いので朝までということはあり得ませんので他のエリアよりは負担にならないとは思います。

アフターは営業時間外の接待になるので、基本的に自己防衛するしかないので無理を感じるなら正直に断る事も時には必要です。

銀座クラブについての相談・ご質問はこちらへ

出勤前のホステスのイメージ
 今回は銀座の高級クラブだけでなくナイトワーク全般で重要なのに軽視されがちな「体調管理」について考えてみました。

 若い時は多少無茶をしても次の日に響くということがないのでついつい無理をしてしまいがちですが、長年それをやっていると必ず体に限界がきてしまいます。

 体に不調が出てしまうと、不思議なもので自分の見た目やメンタル面にも悪影響を与えてしまいがちですので体調管理はとても重要です。

 銀座では30代どころか40代50代のママやベテランのホステスが多数いますので、体調管理をしっかりやりながら長年銀座で働いている良い見本の女性がたくさんいます。

 先ほどツイッターを引用したブレアの明日香ママなども良い見本になります。

 長く銀座で働いている女性はどの人も自分の体型維持や若さを保つためにフィットネスジムはもちろんのこと、エステなどにもしっかり通って美容と健康を重視した生活スタイルが確立しています。

 しっかりと体調管理ができて自分の体型やルックスを保つことができれば銀座では30代は当たり前、40代でも立派にホステスとしてお仕事を続けていくことができます。

 この辺のご相談やアドバイスも常に当社でやっています。お気軽にお問い合わせください。

 また当社の紹介で面接や体験入店がかんたんにできます。LINEまたはメールでお問い合わせするだけでOKです。

 ご希望の場所や条件、これだけはゆずれないなどの条件を言っていただくだけでもOK。ご希望に合う店舗をお探しいたします。

 また、LINEに友達登録していただきますと、イチオシの銀座のクラブや六本木のクラブ、会員制ラウンジ、キャバクラ情報。2019年最新の情報をタイムラインから無料でみれます! 面接と体験入店もスムーズに案内します。

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら