【癖があっても対応可能!】お金持ちのお客様と上手に付き合うコツとは?

ナイトワークで成功するコツ 銀座クラブの求人紹介

「太客」をつかめば勝ちだとは言うものの…

「銀座のお客様とは上手く話ができない」
銀座のクラブで働き始めたばかりの女性からこのような悩み相談を受けることが時々あります。

「地元のキャバクラで働いていた時は大抵のお客様と上手く接することができたのに、銀座のクラブだと上手く行かない」
このような悩みを正直に話してくれる女性も多いです。

おそらく地元のキャバクラなどで働いていた時はお客様が例えば貧乏サラリーマンばかりでせっかく連絡先を交換して仲良くなってもお店には全然来てくれず「外で会おう」とばかり言われてしまう。だから「太いお客さんこないかなぁ」という悩みを持っていたのではないでしょうか?

それが銀座のクラブに移籍して、大半のお客様が富裕層になったのに上手く会話ができない、席についても話が弾まなくてすぐに席から抜かれてしまうという状態に変わっていたりしませんか?

せっかく「太客」に囲まれる環境を手にしたのに今までと違って接客が上手くいかないと悩んでしまいます。

悩む銀座クラブの一流ホステス

実は基本的に銀座の高級クラブの常連となるようなお客様は多かれ少なかれ「癖がある人」が多いです。

さらに付け加えると席に着いただけで50000円くらいの料金が発生する銀座のクラブに日常飲みに来るようなお客様というのは社会的に成功した方、特に自分で会社を立ち上げて大きく成長させたような経営者が多いです。

こういう方々は普通の人間がなかなかできないことを成し遂げた方が多いので、基本的に普通の人間とは頭の構造や物の考え方が違います。

それが我々凡人から見たときに「癖のある人」に映ってしまうのです。

とはいえ「癖のあるお客様」、特に銀座のクラブに来店されるようなお客様にはある種の共通点がありますので、それさえケアできれば誰でも上手に対応できるようになります。

今回はそんな「銀座のクラブのお客様の特徴」を分析しながら、上手に対応していく方法について考えていきます。

年齢層が上のお客様に好かれない女性は損?

プライベートジェットで旅行する富裕層
「お金持ちのお客様を捕まえたい!」は別に銀座のクラブで働いているホステスだけではなく日本中の様々なキャバクラやラウンジで働いている女性も思っていることでしょう。

誕生日でなくてもシャンパンをおろしてくれるとか、おねだりしなくても高級ブランドバッグをプレゼントしてくれる、連絡しなくても頻繁にお店に飲みにきてくれるなど、いわゆる「太客」と呼ばれるお客様ははお店に来てお金を使わないと女性が喜ばないことを知っているので積極的に来店してお金を落としてくれます。

目先のことを考えても、仮に羽振りがいいお客様をゲットできれば、売り上げや指名などのノルマに焦らなくて済みます。

ところが困ったことに最近の若い男性は女性にお金を使う習慣がない人が多いです。男女平等主義で割り勘派のカップルが増え、ラブホテル代ですら割り勘している若い男性が案外多いです。

一方で若い頃にバブル景気などのお金回りの良い時代ををすごした年配の男性は女性をお姫様のようにエスコートすることに慣れています。ですのでお金持ちなお客様を捕まえたいならおじさんキラーになるのが一番です。

ではどのようなタイプの女性が年配の男性に好かれるのでしょうか? タイプ別に分けて分析してみます。

美人でスタイルが良い(ルックス編)

全てのタイプの年配の男性からまんべんなく愛されるのは、

  • ぽっちゃり(巨乳)
  • 色白
  • 童顔
  • 甘え上手

といった多少隙がありそうな雰囲気の女性なのが一般的です。

ところがお金持ちのお客様にはこういうタイプの女性は正直ウケが悪いです。

というのも先ほど申し上げたようにお金持ちのお客様は自分が社会で成功したと自分に自信がある人が多いです。ワンマン企業の経営者などに多いですが、「自分はこの位死ぬ気で頑張ったのに最近の若い者は根性がない」的に努力しない、努力できない人間を嫌う傾向があります。

銀座のクラブは会社ではないのでそのようなことは言いませんが、こういうタイプのお客様は頭のてっぺんから爪の先までしっかり見ています。

出勤前の銀座クラブの一流ホステス

ですので自分自身の手入れをしましょう。メイクやダイエット・ドレスに至るまで手を抜かずに自分に投資し、仮に昼職があったとしても副業でキャバクラで働いてお小遣い稼ぎをしている感は出してはいけません。

銀座クラブで求められるルックスについては以前書いた記事があるので参考にしていただければと思います。
銀座クラブや会員制ラウンジに受かりやすい女性ってどんな感じ?

あまりお金がない年配の男性客はナイトワークの女性にも素人っぽさを求めますが、お金持ちのお客様はプロ意識が高いホステスを指名したいと考えます。

社会的に成功した富裕層の男性は、基本的に仕事ができる人ですので仕事ができないキャバ嬢やホステス、素人をウリにするキャバ嬢やホステスを嫌います。

頭の回転が早い(接客編)

電話する銀座クラブの一流ホステス
「仕事ができないキャバ嬢やホステスは嫌われる」という点からつながる話ですが、頭の回転が早いキャバ嬢やホステスはお金持ちのお客様に重宝されます。

富裕層のお客様はあらゆる場面で自分がチヤホヤされることには慣れていますので、ワンパターンな接客、マニュアル接客のような決まりきったことしかできないホステスだと、接客に幻滅してしまう、下手をすると数分話をしただけで面白みがないと思われて席から外されて終わってしまいます。

世の中ではこういうお客様のことを「面倒臭い客」などと言って遠ざけるところもありますが、銀座のクラブで普段飲むような富裕層のお客様は基本的にこんな感じです。

とはいえビッグマネーをつかみたければこういうお客様に強くならなければなりません。

ちなみにこういうお客様は基本的にひねくれていますので、仮に自分が初心者だったとしても、自分のダメな部分を改善しようと努力しようとする姿勢を見せれば、仮に今接客ができなくても評価してもらえます。

目の前のお客様が何を求めているのかを、雰囲気、視線、声色、表情などから判断し常に最善を尽くせる銀座クラブのホステスになれば、お客様にとって代わりの効かない存在になれるのです。

永久指名の銀座の会員制の高級クラブの場合、気に入られても自分のお客様にはならないんじゃ…と思ってしまいがちですが、例えば同伴ノルマをこなす際には他人のお客様でも問題ありませんし、オーナーママのお店の場合はお客様に気に入られているのがわかるとママが係を譲ってくれることもあるのでメリットはたくさんあります。

この辺りの事情は以前書いた記事で詳しく説明してますので参考にしていただければと思います。
場内指名がない銀座クラブで場内指名が重要な理由とは?

もちろん実際に実行できるようになるには多少の経験が必要ですが、基本的に経営者などの社会的に成功したお客様は人間を見る目がありますので可能性を感じさせるだけでも気に入ってもらえる可能性は十分あります。

損得勘定を出さない(心構え)

富裕層の休暇のイメージ
社会的なステータスのあるお客様によくあることですが、「今度◯◯のパーティーがあるんだけど、一緒に行かないか?」と誘われることがあります。

これに対して「パーティーに行ったらいくらくれるの?」などとはっきり言ってしまうようではお金持ちから避けられます。

損得勘定は誰にでもある感情ですが、それをあらわにするのは能力のないホステスに見えてしまいます。

社会的地位のあるお客様の場合、それが例えば政治家のパーティーだったり、有名な芸能人のパーティーだったりということが普通にあります。思わぬ人脈を作るチャンスである可能性もありますし、そうでない場合でも恩を売っておけばお金持ちは必ずお店に来店して返してくれます。

行っておいて損になることはまずないと言っておきます。

それもあるのでママクラスの銀座クラブのホステスになると休日に常連のお客様とゴルフに行ったり、お客様が政治家ならパーティーなどに出席したり、大事な商談のお手伝いをするためにランチタイムに同席したりなどの時間外の努力を日々やっています。

実は「お金にならないならやらない」的な態度はお金をつかむチャンスを逃してしまいます。「損して得とれ」ではありませんが、自分がお客様に「投資」した分は必ず返ってくるのが銀座の一流クラブです。

富裕層のイメージ

それもあるので銀座のママクラスの女性になるとお中元やお歳暮、お客様の誕生日にはプレゼントなどを用意して渡すことが普通にあります。オーナーママ、つまり経営者として一番損得勘定に敏感なはずの女性たちがあえてそのようなことをしているのは当然ですがそれが利益につながるからです。

このように生涯を終えられるまでお客様とのお付き合いが続くことは銀座では普通です。目先の損得勘定は捨てましょう。

富裕層とは「話す」のではなく「聞く」のが接客

接客中の銀座クラブの一流ホステス
また接客面ではこれ以外に「お金持ち特有の自慢話」や「お金持ち特有の成功話」なども上手に付き合う必要があります。

ナイトワークというとついつい「お客様と上手にトークするのが仕事」のように思ってしまいがちで、それは間違いではないのですが、実は銀座のクラブに来るような富裕層のお客様を接客する時は「話をする」ことよりも「話を聞く」ことが重要になります。

基本的に銀座のクラブに来るようなお客様は社会的に成功した男性がほとんどですので、「自分はどうやって今の地位に登りつめたのか」とか「若い頃の苦労話(貧乏自慢などが多いです」をやたらと話したがります。

正直言って年寄りのこういう自慢話は聞いていて疲れます。同じ話を何回もすることが多いですし、「もういいよ、その話」と内心思う気持ちはよくわかります。

ですが、こういうお金持ちの自慢話を飽きないで「聞く」という姿勢が「こいつ(ホステス)は俺の話をしっかり聞いてくれる」という高評価につながります。

初心者向けの接客術については以前書いたこの記事を参考にしていただければと思います。
【初心者・未経験者必見】クラブ、キャバクラの接客術を徹底解説!

銀座クラブで太客をつかむために必要なこと

銀座クラブの一流ホステス
 このように普通のキャバクラなどとは違うタイプのお客様が来店する銀座の会員制の高級クラブでは通常とは違った接客が求められます。
 最後に銀座クラブのホステスとして求められること、必要なことを大ざっぱに点挙げてまとめます。

  • ①観察眼
  • ②共感力(聞く力)
  • ③マナーも含めた社会常識
  • ④距離感(接客面)
  • ⑤野心(強い気持ち)

 まずあらゆる接客業において必要なのが、観察眼です。

目の前に座ったお客様が、どういう性質の人で、何が好きなのか、しっかり観察しましょう。これは富裕層が相手でも変わりません。外見にはその人がどんな人なのかを知らせる様々な情報が含まれています。例えばどういう趣味なのかが分かる場合も多いです。

会話の端々から、例えば野球が好きなのか、サッカーが好きなのかが分かることもあるでしょう。お客様をしっかり観察して、その人の特徴を覚えておけば、会話の引きだしを増やす役に立ちます。ツボをついた話題を投げかけて、お客様に「面白い子だな」と思ってもらえれば、次に繋がる可能性がぐっと高くなります。

お客様の情報についてはママや係、古株の男性スタッフなどもよく知っていますので開店前にリサーチしておくことも必要です。

 次に銀座クラブのホステスにとって重要なのは高い共感力です。例えば先ほど話した「お金持ちの自慢話に付き合う」などもその典型例です。

もちろん内心は「また爺さんの貧乏自慢が始まった」と思うかもしれませんが、そこで共感を示してあげることで、相手の親近感を引きつけることが出来るでしょう。  

多くの男性は寄り添って癒しを提供することで嬉しくなります。ここがホステスの腕の見せ所です。

銀座クラブの一流ホステス

 そして若さが求められるキャバクラなどと違って、クラブのホステスには、お客様の属すフィールドの話題を理解することも必要です。

別に出勤前に必ず新聞やネットニュースをチェックすることまでしなくても問題はありませんが、興味を持つことは重要です。会社の重役や取締役クラスのお客様が接待として使うこともしばしばある銀座では、ホステスにも相応の素養と品格が求められるのは事実ではありますが、それほど難しいことは要求されません。「お酒」が入っているので難しい話をするにも限度があります。

 また接客面では席で接近してお酒の相手をするホステスの仕事には、お客との微妙な距離感がとても重要です。  

 その場を楽しんでいただくために、盛り上げることももちろん大切です。ちマニュアル通りの接客よりも、素の顔を見せたり、本音を漏らしたりするのが喜ばれることもあるのは先ほども話した通りです。しかしながら銀座のクラブには、節度と品格があり、お客様の方でも、銀座での遊び方を心得た人は、ホステスにボディタッチしたりはしません。

ホステスの側も、身体にもたれかかるような接客はNGとしている店が多いです。お客様と恋愛関係になることで指名を取るホステスもいますが、そうした関係は長続きしませんし、固定客を増やすことにも繋がりません。いわゆる「恋人接客」「にゃんにゃん接客」のような接客は銀座ではあまり歓迎されません。

 そして複数のお客様を相手にするときには、どのお客様にも目配りを行き届かせる「複眼」の視点も大切です。好みのタイプのお客様ばかり相手にして、お連れのお客様を手持無沙汰にさせるようでは、一流のホステスとは言えません。自分がついた席のお客様の全員に楽しんでいただけるよう、絶えず気配りするところから始めてみてはどうでしょうか。

 最後に「永久指名」のシステムの銀座のクラブで指名を勝ち取るのは、簡単なことではありません。

「○年後にはこうなっていたい」というはっきりした将来像=ビジョンがないと、長く続けていくのは難しいかもしれません。キャバクラのように入店して即フリー客をつかんでということは銀座のクラブでは不可能に近いです。しかし1年2年という時間をかけて指名を増やし、お店の売上に貢献出来るようになれば、普通の会社勤めの何倍、何十倍もの収入を毎月手にすることも可能です。その意味では、やはり、銀座には夢があるということが出来るでしょう。

 そんな野心を持って頑張る女性は富裕層の男性客に好かれやすいです。理由は先ほども言ったように社会的に成功されたお客様の大半は自分も若い頃に人並みはずれた努力をして成り上がった方が多いからです。やる気のある女性は今結果が出てなくても必ず目をかけてもらえます。

銀座クラブについての相談・ご質問はこちらへ

出勤前のホステスのイメージ
 今回は客単価が高い銀座の高級クラブに移ったのにそれまでのようにお客様とコミュニケーションが取れなくなるということがありがちな銀座クラブ特有の悩みについて分析してみました。

 他のエリアではまず見ることのない何十年生き残っているお店が多数あるという事実も銀座のクラブの社会的なステータスを物語っていると思いますが、確かに他のエリアに比べてやりにくい面もあります。

 特に富裕層のお客様、社会的に成功されたお客様は一癖も二癖もあるいわゆる「扱いにくい人種」が多いです。自分が社会で成功して自信を持っているのも加わってますので慣れるまでは厄介に感じることもあります。

 でもそんな「面倒臭い」「癖がある」お客様も一旦懐に入ることができれば長い年月にわたって自分のことを支援してくれます。銀座のクラブのホステスとして働くことにとどまらず、将来自分で独立して何かを始めたいという時にも資金援助をしてくれたり、お客様の貴重な人脈を使って助けてくれたりということが普通にあります。

 銀座の高級クラブのホステスはナイトワークの世界で昼職以上のステータスを得ることができる世界です、頑張った分だけそれが一生の中で貴重な経験、財産として残ると思います。

 当社の紹介で面接や体験入店がかんたんにできます。LINEまたはメールでお問い合わせするだけでOKです。

 ご希望の場所や条件、これだけはゆずれないなどの条件を言っていただくだけでもOK。ご希望に合う店舗をお探しいたします。

 また、LINEに友達登録していただきますと、イチオシの銀座のクラブや六本木のクラブ、会員制ラウンジ、キャバクラ情報。2019年最新の情報をタイムラインから無料でみれます! 面接と体験入店もスムーズに案内します。

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら