銀座クラブのホステスに必要な「忖度(そんたく)」って何?

ナイトワークで成功するコツ

 今回は、2017年の流行語大賞にも選ばれた「忖度(そんたく)」という単語の本来の意味について考えながら、この「忖度」することがナイトワークにおいていかに重要なのかについて考えてみます。

 2018年になってからも森友学園の問題を巡って国会やニュースなどで話題にあがらない日はないこの「忖度(そんたく)」という言葉ですが、実は政治家や官僚の方々よりもナイトワークで働く女性にこそ必要な能力かもしれません。

銀座の高級クラブをはじめとするナイトワークでどうも接客が上手く行かなくてお客様をつかめない、ママや係の女性や男性スタッフと上手く行かなくて長続きしないと悩みを抱えている女性に役に立つ記事にします。

銀座のクラブの面接で落とされてしまいがちな方はこちらの記事も参考にしてみてください
【必見】銀座のクラブの面接で落ちる5つの理由

 先に結論を言ってしまえば今日のテーマである「忖度(そんたく)」する能力というのは銀座の高級クラブでホステスとしてやっていくために最重要な能力かもしれません。

「忖度(そんたく)」という言葉の本来の意味は?

 そもそもこの「忖度(そんたく)」という言葉は本来どういう意味なのでしょうか? テレビで使われるようになるまでこんな単語の存在すら知らなかった方も多いかと思います。

 広辞苑によると、

他人の心中をおしはかること。推察

 とあります。自分に対してではなく他人に対して行うことで、本来の用法としては、

  • 心情を忖度する
  • 意図を忖度する

というふうに他人の心の中を想像すること、推し量ることを意味します。

 ですので最近メディアをにぎわせている森友学園の問題では官僚が政治家の意図や心情を忖度して、政治家の意に沿うように行動したということが疑惑の中心になっています。
(政治について語るブログではありませんのでどこまでが真実でどこからが違うのかについては一切コメントしません)

 単語自体は聞きなれないものでしたが、「忖度(そんたく)」とはかんたんに言ってしまえば、

相手の気持ちを想像して、相手が望んでいることに沿うように振る舞う

ということです。

 となるとすぐに気づくはずです。

 銀座のクラブをはじめとするナイトワークで一番重要な要素なのではないかということに。
忖度(そんたく)する銀座のクラブのホステスのイメージその2

銀座の高級クラブでこそ「忖度(そんたく)」が必要?

 お客様が何を求めているのかを実際に言われなくても推測(要は「忖度」)して、お客様の意に沿うように行動するのが接客と言っても過言ではないかと思います。

 冷静に考えればナイトワークで働く女性は自然とお仕事の上で「忖度(そんたく)」することが身についているはずです。

 それもあってか、ナイトワークで頑張った女性が昼の仕事に戻った時にたとえば営業などで好成績をあげるということもよく聞く話です。

 言われてみれば当然です。たとえば営業の場合ですと、顧客が何を求めているのかを察知してお客様の希望を満たすような商品やサービスを提案するのが仕事ですので。

 ナイトワークという厳しい世界でこの能力を養った女性が昼の仕事に戻った時に成功しやすいというのはある意味当たり前のことです。

 実はナイトワークでも昼の仕事に役に立つ能力を養うことができるのです。

 ただ銀座のクラブのシステムは他の地域のキャバクラなどとは違ってお客様だけに気を使えばいいというシステムではありません。

そこで今回は銀座のクラブにおいて「忖度(そんたく)」が求められる場面を大きく3つに分けて分析します。

お客様に対する「忖度(そんたく)」

忖度(そんたく)する銀座のクラブのホステスのイメージ
 特に銀座の高級クラブに限らずお客様を「忖度(そんたく)」しながら接客するということは女性にとって最重要のポイントです。

 言われてみれば当たり前のことです。

接客においてお客様が何を考えているか、何を望んでいるのかを推測して、お客様が口に出す前に先回りして行動する。

 ホステスにとって基本ともいえる行動です。

 よくあることですが、お客様というのは(その人のキャラクターにもよりますが)、不満があってもそれをいきなり口にすることはあまりないです。

 お客様が口にしないからと放置しておけばそのお客様は女性から離れて行きます。

 「忖度(そんたく)」という言葉は「空気を読む」というニュアンスもありますので常にお客様の空気を読んで行動することがホステスには求められます。 

銀座のクラブ特有の女性同士の「忖度(そんたく)」とは?

忖度(そんたく)する銀座のクラブのホステスのイメージその4

 銀座や六本木の高級クラブの場合、ママや売上(係)の女性、男性スタッフとのコミュニケーションも必要になってきます。

 特にヘルプの女性にとって、自分がヘルプで席につくことになる「ママ」や「係」の女性に対する忖度は欠かすことのできない重要なものです。

 わかりやすい例を出すと「ハンドサイン」というものがあります。

 要は会話をしなくても身振り手振りで今求められていることを忖度(察知)して行動する。キャバクラのようにマンツーマン接客ではなく係の女性やママを中心としたチーム戦の形式で接客するクラブでヘルプの女性に求められる重要な役割です。

 「永久指名」というクラブ独特のシステムのおかげでヘルプで入店した女性がいきなりお客様をつかむことは非常に難しいということは誰もが理解していることです。

 それもあるので、よく銀座のクラブに難色を示す女性が理由にする同伴ノルマにしても、ママや係の女性と仲良くして、常連のお客様とアフターに行くなどのヘルプとしてやるべきことをきちんとやっていればたいていはママや係の女性がお客様を回してくれますのでかんたんにクリアできます。

 以前も言ったことがありますが、むしろ入店して1〜2ヶ月以内(要は保証期間内)に指名が少なかったり、売上がなかったら時給を下げたり、出勤調整をかけてくる六本木や歌舞伎町のクラブやキャバクラの方が全然大変なのが現実です。

 そういう厳しさがなく、ヘルプの女性でも立派にやっていけるのが銀座の高級クラブのシステムです。
 
 ですので、女性同士の人間関係を作っていくにあたっての「忖度(そんたく)」は銀座の高級クラブ特有のものかもしれません。
 
 ある意味お客様をつかむことより重要かもしれません。

 こういう銀座のクラブに関することで疑問に思うことがありましたら遠慮なく聞いてください。もちろん質問だけでも大丈夫です。
 
 画面下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

実はお客様自身にも「忖度(そんたく)」は必要?

忖度(そんたく)する銀座のクラブのホステスのイメージその5
 実はお客様同士の関係においてもこの「忖度(そんたく)」は欠かせないものであると言えます。

 例えばそれが最もはっきり出る場面が「接待」で来店された場合です。

 接待というのは接待する側が接待される側に対して何かを求めているから(たとえば新規の契約が欲しいなど)こそ銀座の高級クラブのように費用がかかる場所へお連れしてもてなすわけです。

 それを知らずに、気づかずに「タダでお酒が飲めて女の子と遊べて…」のように思って何の見返りも与えずに好き勝手に遊ぶようなお客様はビジネスマンとして失格です。

 場合によっては接待する側の恨みを買うこともあるかもしれません。

 それはお客様同士の都合ですが、銀座の高級クラブでこのようなお客様を接客する女性もお客様同士の人間関係を見ながら「忖度(そんたく)」して行動する必要があります。

 接待の雰囲気を壊してしまうようなことがあれば接待する側のお客様は二度とそのお店を利用することがなくなってしまうかもしれません。

 接待で来店されることが他の地域以上に多い、しかも政治家や官僚、企業のトップなど社会的ステータスのあるお客様が多数来店される銀座の高級クラブでは他の地域以上に「忖度(そんたく)」が重要になってきます。

銀座の高級クラブにおける「忖度(そんたく)」のまとめ

忖度(そんたく)する銀座のクラブのホステスのイメージその3
 「忖度(そんたく)」という最近の流行語が「他人の心中をおしはかる」という意味であることから話をはじめて、それが銀座の高級クラブのように高度な接客レベルが求められる環境では特に重要であることを説明してきました。

 銀座の高級クラブという「看板」を背負って働くことになるホステスは自分の振る舞い次第でそのお店自体の評価を上げたり、場合によっては傷をつける可能性があるということを自覚してお仕事すべきかと思います。

 これも「忖度(そんたく)」の一つかもしれません。

  • お客様を「忖度(そんたく)」することが接客の基本
  • チーム戦の銀座のクラブでは女性同士の「忖度(そんたく)」も必要
  • 接待のお客様の場合には更に別の「忖度(そんたく)」が必要
  • ホステスは常にお店という看板を背負っているという「忖度(そんたく)」も必要

 
 などと書いてしまうと銀座の高級クラブで働くということは、とても大変な労働のように見えてしまいます。

 しかしそのように大変な仕事をこなせるからこそ日給で40000円、50000円という昼の仕事ではかんたんに手に入らない高収入が可能になるとも言えます。

 面接に受かるのも一苦労で入店するまでも大変ではありますが、銀座の高級クラブは、自分磨きの場にもなります。

 美意識も高まるし、自分が洗練されていくのを実感できる場所ですので女性としての価値を高める場になると思います。

 ナイトワークで長く働いていくためにもこの「忖度(そんたく)する」能力は身につける必要があります。
 
 面接や体験入店を通してそういう能力を身につけて行くことも重要です。数回面接に落ちるくらいのことは全く気にする必要はありません。

銀座の高級クラブの面接、体験入店の無料申込や相談はコチラ

 今回は銀座のクラブのホステスにこそ「忖度(そんたく)」することが必要な理由について分析しました。

 他にも、銀座のクラブについてご相談や質問などがあればお気軽にお問い合わせください!

 もちろん相談だけではなく銀座クラブの○○○というお店は給料いくらくらいですか? などなんでも聞いていただいて大丈夫です。

 LINEに追加するだけでも、銀座クラブの最新の求人情報など、お得な求人情報をタイムライン上で掲載しております。

  お気軽にどうぞ!

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら