高日給・高時給Premium Lounge公式

【企業秘密?】銀座クラブ公式求人サイトとしてやっているSEO対策を特別に公開!

ナイトワークで成功するコツ

そもそもSEOって何?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンに向けにWebサイトを最適な状態に近づけること(検索エンジン最適化)を意味します。
つまり、インターネットで検索した結果でサイトを上位表示させることを目的にSEOに取り組みます。

SEOに取り組むことで、Webサイトへの検索流入やコンバージョンの増大につながるので、売上の向上が期待でき、結果的に会社の成長まで見込めるようになります。

こうした良い成果にたどり着くには、Googleの検索エンジンについて理解を深めることと質の高いコンテンツを提供することがポイントとなります。
この点踏まえて、本日はSEOの基礎知識について、初心者にもわかりやすく解説したいと思います。

当社でも銀座の高級クラブの求人サイトとしてGoogleに評価されていて、それによって皆様に読んでいただけるわけですが、今回は当社でも実施しているSEOについて解説します。

通常は企業秘密も含まれることなので公開はしませんが、今回は特別に公開します。

なぜSEO対策を実施するのか?

SEOのイメージ画像

我々も含めて企業や個人がSEOを実施する目的は、自らのWebサイト通じて問合せや申し込みといったアクセス数(コンヴァージョン)を増やし、それによって売上拡大から事業成長につなげるためです。

例えば、昨今主流のブログメディアのSEOを強化することにより、検索での露出を増やします。自身のWebサイトへの検索流入が拡大するので、その分コンバージョンの増加も見込めて、売り上げが期待できます。アフィリエイトと呼ばれる最近流行りの業態はまさにこれです。

一方、SEOに取り組まなければ、検索結果上での自身のWebメディアの露出は拡大しません。

そうなれば、インターネット上に存在する見込み客へのアプローチが絶たれるので、結果的に売上の拡大が見込めないでしょう。
こうした状況を回避して事業成長させるために、企業や個人が所有するWebメディアに対してSEOを実施することが重要となります。

昔はカンタンだったSEO対策

2012年3月以前は、SEOは被リンク(他のサイトからリンクをもらうこと)が中心でした。

もう少し詳しく言うと、競合サイトのリンク数を調査し、リンク数を超えるような外部リンクを用意することでGoogle検索でトップに到達することができました。
言い換えれば、昔の検索アルゴリズムはリンクの数に焦点を当てていたため、コンテンツの品質には注意が払われていませんでした。

それもあってSEOの初期の歴史は、リンク数を増やすことだけを目的としたSEO(ブラックハットSEOと言います)が主流になっていました。

このような状況の下、2012年4月に、Google検索によって導入されたペンギンアップデートにより、リンク先の品質が強調され始めました。

さらに、同年7月にパンダアップデートが導入されたことで、その内容は本格的に重要になりました。

それ以来アルゴリズムの更新は何度も繰り返され、高品質のコンテンツが評価されるようになる今につながりました。

これらの事情により被リンク数優先の検索結果から、ユーザー優先のコンテンツの質重視の検索結果へと大きく転換しました。

ちなみに今日では、被リンクは依然として重要な要素ではありますが、Googleは被リンクを意図的に増やすための措置に対して、以前よりも厳しい制裁措置を講じています。

そのため、SEOの現在の主流は被リンクではなく、ユーザー優先のコンテンツに基づいて自然な被リンクを取得することに変化しています。

SEOを実施するメリット

SEOのイメージ画像
ではペナルティを食らってしまうリスクを冒してでもSEO対策をするメリットは何なのでしょうか?

例えば当社のホームページをご覧になっている読者の方にお伺いしますが、当社のホームページや公式ブログをどこで発見しましたか?

おそらく大半はGoogleやYahooなどの「検索エンジン」かと思います。「銀座クラブ求人」や「銀座クラブヘルプ「銀座高日給」など様々な単語を入力して検索した結果出てきたのが当社のホームページだったという方が多いかと思います。

実はこれがSEO実施のメリットです。

そうです、読者の皆様のように検索流入が増えることが最大のメリットです。

ユーザーファーストを考慮したコンテンツを増やして、良質なWebサイトを運用したとしてもそれが検索エンジンで出てこなければ誰にも気づかれないまま埋もれてしまいます。

SEO対策をすることで、そのサイトに付随するキーワードの順位が軒並み上昇します。
(当然ですが当社の場合「銀座」「高級クラブ」「高日給」「ヘルプ」などの単語で検索が出やすくなっています)

そのようにキーワード検索で上位に表示されれば、各キーワードに該当するWebページからの検索流入が増大します。

このように検索での露出が拡大すれば、同時にサイト名や企業名が知れ渡るのでブランド作りにも貢献します。

具体的に説明します。

検索流入が増える

良いコンテンツを公表するためにSEOに取り組むならば、その結果はウェブサイトへの検索の流入を増やします。

たとえば、「銀座クラブ」でも「会員制ラウンジ」でもいいですが、選択した1つのキーワードに対するユーザーの検索意図を組み込んだコンテンツ(例えば店舗案内など)を作成します。

その際「網羅性」「簡便性」「信憑性」「独自性」を考慮して、コンテンツの品質を高めます。

そうすると、コンテンツはユーザにとって満足のいくものとなり、グーグルによる評価が容易になるので、そのコンテンツに対応するキーワードの順位が上がることで検索の増加が見込まれます。

ちなみに、検索の流入が増えたのは、順位が高いからだけではありません。

読者の皆様もGoogleで上位に表示されたコンテンツが全く役に立たないと思った離脱したことはあると思います。

コンテンツの品質を高めて信頼性の高いサイトにしていることが大前提です。当社もそれを意識してコンテンツを作成しているので外部のライターなどに記事を書いてもらうことはせず、すべて自社のスタッフが記事を作成しています。

ブランディングできる

SEOのイメージ画像
SEO対策に取り組むことによって、検索範囲を広げることができます。これにより、Webサイトを宣伝したり認識したりすることができ、ブランドを設定することができます。

たとえば、このブログ「銀座クラブ求人プレミアムラウンジ公式ブログ」にSEO対策をして検索での露出を増やすようにします。

そうすることでサイト名が付随したタイトル名を目にする検索ユーザーの数も増えるので、サイト自体の認知度が向上します。

このように検索ユーザーの目に触れる機会を増やしてブランディングできる点が、SEOを実施することのメリットです。

ちなみに、ブランド設定によって自分のWebサイトの認知度が高まると、指定検索(サイト名による直接検索)の回数も増え、さらにSEO効果が期待できます。

SEOのデメリットもあります

SEOを実施することのデメリットもあります。

最大のデメリットは効果が出るまでに時間がかかることです。

たとえば「銀座クラブ公式求人検索サイト/プレミアムラウンジ」が狙っている特定のキーワードのランキングはサイトを開設した当初は範囲外でした。

あるキーワードに対応するウェブページに対してSEOを実行した後、そのウェブページは検索エンジンによって徐々に評価され、対応するキーワードのキーワードランキングは上方にシフトし、数ヶ月後にランキングが上昇します。

このように、効果を示すために一定の時間がかかるという事実は、SEOを実施することの不利な点です。

また、キーワード順位が思うように上がらなかったり、順位が下落するなどのSEOに失敗して効果が見込めない可能性がある点もSEOを実施することのデメリットです。

上位に表示されるようになったりアクセス数が増大するといった効果が出るまで時間がかかりやすい点が、SEOを実施することのデメリットの1つと言えます。

SEOは失敗することもあります

SEOの知識がほとんどない状態でウェブサイトを運営しても、思うようにランキングが向上しない、検索流入が増加しない場合があります。

このようなケースでは結果として、SEOに失敗する可能性が高いです。

たとえば、ページのテーマと異なるコンテンツ内容を記載したWebページ、文字数が少なくボリュームの極端に薄いWebページといった低品質なページが多いWebサイトを運用した場合、Googleから信頼できないサイトと判断されて、結果的に検索順位が上がらないので、検索流入が増加しません。

SEOを実施することの欠点の1つは、ノウハウの欠如によって失敗する可能性があるということです。

結局は「質の高いコンテンツ」を読者に提供するのが原則

SEO対策のイメージ画像
結局のところ一番大切なことは質の高いコンテンツを提供することになります。

質の高いコンテンツを提供することができれば、読者の滞在時間やアクセス数も増えますし、自然な被リンクも集まりやすくなりますので、最大のSEO対策であると言えます。

当社の場合だと例えばお店の求人情報を正確に提供する、個々のお店の情報だけではなく女性のタイプに応じたオススメの店舗をピックアップしてご紹介する、ナイトワークで働く女性に役に立つ美容や健康などの情報を提供することがコンテンツの質を向上させることにつながります。

そのように読者の皆様にやくに立つサイトであると認識されることで検索結果での上位表示や露出の拡大につながって、サイトへの検索流入やコンバージョンの増加が期待できるので、最終的にSEOによる成果が高まりやすくなります。

つまり、SEOの成果を高めるためには、前提条件として質の高いコンテンツが不可欠となります。

質の高いコンテンツを作った上でSEO対策として、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド、検索品質評価ガイドライン、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)などの有用なガイドを考慮して、Googleと相性の良いサイトを作成するテクニカルな作業が必要になりますがそれは二番目に重要な要素です。

具体的には「1ページ1キーワード」「ユーザーの検索意図」「網羅性」「簡便性」「信憑性」「独自性」「専門性」「権威性」「ユーザビリティ」「クローラビリティ」を盛り込んだより信頼できるコンテンツを提供するようにSEOに取り組む必要があります。

銀座のクラブを中心としたナイトワークで働く女性に今以上に役に立つサイトになれるよう頑張りたいと思います。

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら