【稼げる】会員制ラウンジと銀座クラブのどっちが稼げるか?

ナイトワークで成功するコツ

キャバクラやガールズバーはどこの街にもありますし、まわりにも働いている友達もいたりして、なんとなくキャバクラやガールズバーといったことばにはなじみがあるかと思います。

一方、会員制ラウンジは東京の西麻布、六本木、恵比寿など一部の地域に限って存在するものです。

 同じようにクラブというシステム(踊る方ではありません)も銀座や六本木などの一部の地域に限定されているものです。

 今回はこの2つ、銀座の高級クラブと会員制ラウンジの違いについて紹介したいと思います。

 その上で銀座の高級クラブと会員制ラウンジのどちらが稼げるのかについて考えてみたいと思います。

銀座のクラブと会員制ラウンジの違い

ラウンジは私服でそのまま働けるらしいけど、銀座のクラブとは具体的にどう違うの?

ドレスじゃないっていうのは知っているけど、他になにが違うの?

こういった疑問をもった女性もいるかと思います。

 ガールズバーとキャバクラの中間がラウンジ、みたいなあいまいな説明を耳にしたこともありますが、実際いまいちよく分からない会員制ラウンジって何?

 クラブの方はクラブでキャバクラとごちゃ混ぜに説明されている場合も多いけど何が違うの?

 意外にこういう違いを、それぞれの違いと共通する点を比較することで取り上げている求人サイトがなかったので今回は紹介したいと思います。
銀座のクラブで接客するイメージ

営業時間

 営業時間は会員制ラウンジも銀座のクラブも20時から営業開始とするお店がほとんどです。

一部、会員制ラウンジでは21時からスタートというお店もあります。

 またラウンジでは2時くらいまでという場合が多いですが、銀座のクラブは閉店が早く1時には完全閉店となります。早ければ24:30くらいでクローズします。

仕事内容

 会員制ラウンジでは、女性は「女性会員」という扱いですのでお酒を作ったり、タバコに火をつけたりのような接客行為はなく(一部の会員制ラウンジではあります)はお客様と話す程度の内容です。

 連絡先の交換も基本的には不要です。

 これに対して、銀座の高級クラブでははお客様と話す以外に接客行為があります。

 おしぼりを渡す。タバコに火をつける。灰皿を交換する。名刺の交換。トイレの際におしぼりを渡す。お酒をつくる。お見送りをする。などという行為をしなければいけません。

 連絡先交換は義務ではありませんが、することを勧められます。

 と言ってしまうと「面倒臭い」と思う女性もいるかもしれませんが、接客行為の間はお客様と話す必要もないので間がもつというプラスの側面もあります。

 反対に会員制ラウンジではトークとルックスが全てになりますのでそれなりのレベルが要求されます。
ナイトワークのイメージ画像

ノルマ

 会員制ラウンジにはノルマがありません。

ノルマとは例えば、月にこれくらいはお客様を呼ぼう。これくらいは売上をあげよう。といったノルマです。

 銀座の高級クラブにはそういったノルマがあります。

入店して1ヶ月もから2ヶ月が保証期間として設定されその間はノルマはありません。

 その保証期間をすぎると、ノルマ開始期間がスタートとったカタチになります。

基本的には売り上げのない女性(ヘルプ)の場合は月4回位の同伴がノルマとなります。

 一方会員制ラウンジではノルマが永遠にありません。

ですが、ここにちょっとした注意ポイントがあります。

Check!

 ノルマが一切ありませんが、指名や売上のある女性の出勤予定が優先され、そうでない女の子が思うように、自分が希望した日に出勤できない。お店に断られるというケースがあります。

 これが、ラウンジ独特の“出勤調整”というものになります。

 ですので「銀座のクラブ=ノルマこなせないと罰金」というマイナスのイメージがありますが、表面上ノルマがなくても会員制ラウンジで出勤調整を1日食らうと1日分の本来稼げるはずだったお給料が入ってきませんので結果的には罰金と一緒です。

 どっちがいいとは一概には言えないと思います。むしろ出勤調整がなく安定した出勤を確保できる銀座の高級クラブの方が稼ぎは安定するとも言えます。

 質問等は画面下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

ペナルティー

 会員制ラウンジにはペナルティーがありません。

ペナルティーとは、遅刻、当日欠勤、無断欠勤などに対する罰金ペナルティーになりまして、お給料からこのペナルティー分が引かれます。

 銀座の高級クラブにはペナルティーがあります。

 ですが当日に欠勤する、遅刻するというのは社会人としての一般常識に欠ける行為ですので会員制ラウンジでもペナルティーこそはありませんが、スタッフの印象が悪くなり出勤調整の対象になる可能性は大いにあります。

ナイトワークのイメージ画像

給料

 会員制ラウンジは時給制になります。

ラウンジには一部のお店で完全歩合というカタチをとる場合もあります。

 時給の相場的には、時給3000、4000位からです。

 一方銀座の高級クラブの場合は日給制になります。

 相場的には売上のないヘルプの女性の場合で25000〜40000円位のスタートです。

 ですが、銀座の高級クラブの場合には、自分のお客様での売上(純売上といいます)が10万円ごとに翌月の日給が2000円上がります。

 誤解されやすいですが、

銀座のクラブでは給率ノルマのようなものがありませんので、売上が達成できないことでのマイナスはないです。

 この辺りから給率ノルマが厳しくて100%を超えると翌月の時給がガクッと下がったりバックの支給がなくなる六本木や歌舞伎町のキャバクラと比べると働きやすいかと思います。

 お給料の支払い方法にも少し各々の特徴があります。

銀座のクラブで全額日払いのお店はありません。
 ほとんどの銀座のクラブでは、日払いが5000円〜1万円位となります。

 一方、会員制ラウンジには全額日払いのお店や、時給分がすべて日払いといった全額にちかい日払いのお店があります。

全額日払いのお店があるというのはラウンジならではの特徴といえるでしょう。

出勤

 
 会員制ラウンジは週1,2といったお店が多いと言われています。

 一部のお店では自由出勤OKということもありますが、ほとんどのお店は週1,2の出勤を求める傾向があります。

 ラウンジは自由出勤と誤解しがちですが、現実は違います。

銀座の高級クラブに関しては、お店によっては週2でもOKというお店はありますが、週1ではお客様を持っているなどの特殊事情がない限りは厳しいです。

 基本的にほとんどの銀座の高級クラブでは週3〜の出勤が必要とされています。

服装

 会員制ラウンジでは私服、銀座のクラブではドレス、ワンピースになります。

私服といっても何でもいいという訳ではありません。

 スカートは必須、ヒールも必須というお店がほとんどです。
ナイトワークのイメージ画像

ヘアメイク

 
 ラウンジはヘアメイクの必要がありません。自分で髪をセットして出勤でOKです。

 銀座の高級クラブではヘアメイクが必須で、お店と提携しているのヘアメイクによってセットをする場合と、自分で美容室を探してヘアメイクをした上で出勤という場合があります。
ヘアメイクのイメージ画像 

送り

 会員制ラウンジ、銀座の高級クラブともに送りがあります。

ただ銀座の高級クラブの場合送りの範囲が短くて東京23区内のみという場合が多いです。

 反対に会員制ラウンジでは千葉・埼玉・神奈川などの遠方へも送りを出してくれる場合が多いです。
銀座クラブのドライバーのイメージ

採用基準

 会員制ラウンジは高級キャバクラ並みかそれ以上とされています。

ルックス面での採用基準は銀座のクラブよりも会員制ラウンジの方が高いです。

 また銀座の高級クラブの場合は、仮にルックスで採用基準に達していなくてもお客様を持っていて売り上げがいくら見込めるということによって採用が出る場合もあります。

交渉は我々もお店に対して行いますのでお気軽に相談していただければと思います。
ひらめいた女性のイメージ画像

会員制ラウンジからの移籍がスムーズな銀座の高級クラブ5選

今回、会員制ラウンジと銀座の高級クラブのそれぞれの違いを項目別に紹介しました。

 それぞれメリット、デメリットがあるかと思いますが思っている以上に銀座の高級クラブが働きやすい環境だと感じていただけたのではないでしょうか?

“安定した日給を稼いでいきたい!”という女性は銀座の高級クラブ。

“自由さも程よく欲しいし、お金も程よく欲しい!”という女性は会員制ラウンジ。

 というのが一般的なイメージですが、自由さが売りの会員制ラウンジも出勤調整があったりで意外に自由がない、厳しそうなイメージの銀座の高級クラブが実はノルマといってもせいぜい同伴ノルマ程度で、六本木や歌舞伎町のキャバクラほど売上を気にする必要もないというのが現実です。

 ですので会員制ラウンジで働きたいという女性、今会員制ラウンジで働いているけど出勤調整が多くて思うように稼げないという女性も一度銀座の高級クラブを見てみることをおすすめします。

 きっと思ったほど厳しくない銀座のクラブの現実に驚かれるかと思います。

 条件や希望にあわせたお店さがしをお手伝いできればと思います。

日給〜くらいで、週〜くらいの出勤で可能な銀座のクラブありますか? といったざっくりした感じでもOKです!

 お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 また、LINEに登録していただきますと、2018年最新のイチオシの会員制ラウンジ情報や新店情報、ノルマなしや全額日払いのお店情報をタイムラインから無料でみれます! 面接と体験入店もスムーズに案内します。
LINEアイコン

 最後に銀座の高級クラブの中でも比較的会員制ラウンジからの移籍がスムーズに行きそうなお店を5つご紹介しますので参考にしていただければと思います。

クラブビー

銀座の高級クラブ、クラブビーの店内画像

 銀座会館という銀座で一番ハイレベルなお店が集結していると言われるビルの最上階にあるお店です。

 銀座のクラブでは珍しく同伴バックの支給があったり、基本23区内限定が多い送りも千葉・埼玉・神奈川の遠方までも可能という点で会員制ラウンジにも近い要素があり、最初の移籍先としておすすめできます。

ブレア

銀座の高級クラブ、ブレア(blair)の店内画像

 インスタで有名なオーナーママのお店ですが、まず従来の銀座のクラブのイメージをくつがえす斬新かつスタイリッシュな内装が特徴的です。

 これまでの銀座のクラブとは違った新しい銀座のクラブを作っていこうという野心たっぷりのオーナーママのお店ですので会員制ラウンジ等からの移籍先にもぴったりです。

クラブ藤谷

銀座クラブ藤谷の店内画像

 言わずと知れば超有名店で採用基準も非常に高いことで有名ですが、実は採用が取れれば出勤も週1、2日でもOK(融通がきく)、交渉次第ではノルマなしも可能、ドレス以外にもワンピースもOKなど自由さがあります。

 限られた一部の女性だけに認められる特権ではありますが、もしクラブ藤谷で採用が出れば会員制ラウンジ並のゆるめの条件でも働けます。

クラブソル

銀座の高級クラブ、ソル(ClubSol)の店内画像

 スタイリッシュな内装で有名なグループの人気店です。グループの中で採用基準は一番高いですが、採用が出れば出勤も融通がききますので会員制ラウンジ並のゆるめの条件でも働けます。

 また高額の日給が出ることでも有名です。

サードフロア

銀座クラブ、サードフロアの店内画像

 こちらも銀座で知らない人はいない超有名店ですが、実は有名店であればあるほどどのようなタイプの女性でもレベルが高ければ採用するという傾向があります。

 サードフロアは銀座で一番集客があると言われる大箱ですし、実際に会員制ラウンジで飲んでからサードフロアに通うというお客様も多数いますので、客層的にも適応しやすいかと思います。

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら