たまにはLINEではなく電話で営業するのがコツ?

ナイトワークで成功するコツ

キャバクラだろうがクラブだろうが営業は不可欠

銀座のクラブだろうが会員制ラウンジだろうがキャバクラだろうがナイトワークにおいて大切なのは営業です。

永久指名の銀座の会員制クラブでも常連のお客様と名刺を交換して、連絡を取り合って可能であれば同伴につなげるというのが銀座のホステスとして成功するための第一歩です。

(キャバクラでは他の女性のお客様に名刺を渡すのはご法度なので気をつけましょう。あくまで永久指名のクラブの話です)

営業のLINEをする銀座のホステス

 ともあれナイトワークでは誰もがお客様に来店してもらうために、日頃からLINEや電話、メールなどをしてコミュニケーションを取っていきます。

ところが営業方法によって、相手の受け取る印象は大きく変わっていきます。

最近ですとLINEが主なコミュニケーション手段となっているのも会って苦手な人が増えている電話での営業のメリットについて詳しく紹介します。

LINEと電話のどっちがいい?

キャバクラでもクラブでも会員制ラウンジでも今や女性の多くは、基本的に営業ではLINEを使います。インストールしていない人の方が珍しいという普及率の高さもあり、LINEで営業をする人が多いです。

しかしいつも同じ営業では飽きてしまうのもお客様の心理として当然です。たくさんの女性から営業のLINEが押し寄せるとうんざりするお客様もいます。

特に定型文をコピペのようにたくさんのお客様に送っている女性は気をつけましょう。そのやり方ではいつかお客様に飽きられてしまいます。

実はそんな風にマンネリ化したコミュニケーションにスパイスを与えてくれるのが実は電話営業なのです。

営業のLINEをもらうお客様

直接声が聞けたり、お客様が何をしているかリアルタイムで知れるなど、電話営業にしかないメリットがたくさんあります。

もちろんお客様が電話に出れるタイミングというのは限られていますので(仕事中や家族と一緒の時は当然NG)、「電話で話ししたいんだけど今大丈夫」的に相手の状況をLINEやメールでしっかり確認してから電話するような気遣いは必須です。

とはいえLINEでの営業が基本です

お客様と連絡をとる手段には、LINEにメール、電話とさまざまな種類があります。

もちろんメールや電話で営業をしても問題はありませんが、LINEを使うのが基本であることは変わりません。

スマホを見つめるホステス

というのも女性にもお客様にもLINEを使うメリットがあって、

  • 電話のように相手の時間を拘束しない
  • メッセージを読んだかわかる
  • スタンプを利用して入力の時間を節約できる
  • スタンプの種類が豊富でメリハリがつけやすい

先ほど述べたことと矛盾するように感じるかもしれませんが、あくまで電話を使う営業というのは特定の場面で効果があるだけでやりすぎると嫌われます。

基本的には利便性の高さからLINEを営業方法に使うのがベストです。

特にスタンプを有効活用するのは相手との距離を縮めることにもつながるので積極的にやってみましょう。

LINEの交換だけでなく電話番号も交換する

連絡先を交換するイメージ
電話営業をするためには、相手の電話番号を知る必要があります。

不自然にならないタイミングでゲットすることが重要なのですが、最近だとLINEを交換したら終わりということが多いです。

しかし実はLINEと一緒に電話番号も聞いてしまった方がいいです。

名刺を渡したときに「お客様の番号も教えてください」と聞く、LINEを交換したときに「LINEだと気づかない時があるかも」と番号も聞く、あるいは写真やスマホの話題の流れで「そうだ、番号交換しようよ」と聞くというように会話の流れで聞くと自然になります。

もしも恋人に内緒で働いている場合は登録名を女性名か仕事関係の名称(店長とか部長とか)にするとバレにくくなりますのでオススメです。

そしてLINEだけではなく電話番号も聞いておくことが、実は彼氏や家族などにナイトワークがバレた場合のリスクヘッジにもなります。

営業に悩むホステス

例えば彼氏にナイトワークがバレた場合も「お客さんのLINE消すから」的に彼氏の前でLINEを消去すると大抵は納得します。

電話番号まで関心を持っている彼氏は案外少なかったりしますし、上記のように別な名前でお客様を登録しておけば簡単に気づかれることもありません。

こんな時に電話営業すると効果が

無事に電話番号をゲットできたら、次は電話営業を実行する段階になりますが、一体どんなシチュエーションで電話をかければ良いのでしょうか?

悩む銀座のホステス

例えば次のような状況だと効果的です。

  • 連絡先を交換したらすぐにかける
  • お客様の元気がなさそうな時にかける
  • お店が暇な時にかける

順番に説明していきます。

まず連絡先を交換したあとにすぐかけるのは効果があります。連絡先を交換したらすぐにトイレや更衣室へ行き、電話をしてあげるとお客様は喜びます。

長く話す必要はありません。
「今日はありがとう、気を付けて帰ってね。」だけでも十分です。

これはLINEでもできることですが、LINEを送るのではなくわざわざその一言のために時間を作って電話してくれたという事実が嬉しく感じるのです。

こういう細かい作業が後々効いてきます。

どうしても席を抜けられない場合は、お店が終わってからでもOKですので相手にとって迷惑な時間でなければかけてあげましょう。

次にLINEなどでやり取りをしていてお客様の元気がなさそうな時もチャンスです。

元気がないときや落ち込んでいる時というのは誰でも誰かの声を聞きたくなるものです。

そういうタイミングで「心配でかけちゃった」と言えば、悩みを話してくれるかもしれません。

人間関係というのは不思議なもので表面だけ取り繕っている時には深まらず、困っている時、悩んでいる時にその悩みや困難を共有できた時に深まる傾向があります。

それはお客様が相手の時も一緒で、励ましてほしい人もいれば、ただ話を聞いてほしい人もいます。そんなお客様の話を真剣に聞いてあげれば、後日お礼がてら来店なんてこともあります。

特に何十年もお付き合いがある銀座のクラブのママくらいになると、お客様にとってはある意味人生の良き相談役として貢献していることも多いです。

そのように深まった人間関係だからこそ、ママが独立してお店を出す時に資金援助をしてくれたということも銀座のクラブでは普通にあります。

そしてお店が暇なときもチャンスです。

「お客様がいないから来て」などとストレートに言うのは当たり前ですがいいことはありません。

「今なにしてるの?」と相手の状況を聞きましょう。もし飲み会中なら、二次会で来てくれるチャンスが高くなります。

盛り上がるホステス

もしまだ仕事中であれば、邪魔にならないように早めに電話を切ってあげましょう。こういう心遣いも印象をアップさせます。

それから相手の誕生日や何かの記念日だけど会えないなんてときは電話で直接お祝いの言葉を伝えましょう。

これもLINEで済むことですが、わざわざ電話をかけることに意味があります。

色々例を挙げていますが、要はLINEで済むことを電話でしてくれるという点が魅力的なのです。

文字で伝えるよりもわざわざ電話して「声」で伝えることに意味があります。

そんな風に今は主流ではなくなりつつある「電話」というコミュニケーション手段を上手に使ってお客様の印象をアップさせていきましょう。

この積み重ねが銀座のクラブでホステスとして成功するための土台になります。

銀座クラブについての相談・ご質問はこちらへ

出勤前のホステスのイメージ
 今回は「電話営業をすることのメリット」について語ってみましたがいかがでしたか?LINEでの連絡が当たり前になっている最近だと電話を使うだけでも特別感を出すことができるのが実はメリットになっています。

文字だけでなく相手の声を直接聞けるというのは、相手との距離を縮めて近い存在に感じさせるという効果もあります。

 とはいえ本文でも言ったように空気を読まずにあまり頻繁にかけてしまうと効果が薄れてしまうので、ここぞというときに使ってみてください。上手に使えば必ず効果があります。

 このように当社では以前から面接に行く際の服装や心構えなどから始まって、入店後も実際にどうやって働いていけばいいかなどのアドバイスも行っています。
お気軽にお問い合わせください。

 また当社の紹介で面接や体験入店がかんたんにできます。LINEまたはメールでお問い合わせするだけでOKです。

 ご希望の場所や条件、これだけはゆずれないなどの条件を言っていただくだけでもOK。ご希望に合う店舗をお探しいたします。

 また、LINEに友達登録していただきますと、イチオシの銀座のクラブや六本木のクラブ、会員制ラウンジ、キャバクラ情報。2019年最新の情報をタイムラインから無料でみれます! 面接と体験入店もスムーズに案内します。

LINEイメージ画像

メール・LINEでのご応募が可能です

メールでご応募頂けます。またスマートフォンからLINEを使って簡単にご応募も可能です。

メールでの応募はこちら

LINEでの応募はこちら